ロゴ

リウマチの悪化を防ぐ!早期治療でリウマチの症状を改善

カウンセリング

身体の不調を感じたらまずは内科へ

あなたがもし身体の不調を感じたら、我慢や無理をせず早めに両国の病院に行きましょう。ぶつけたり捻ったりという外的な要因に心当たりがなく、怪我はしていないのに関節が痛むなどの不調が生じている場合は、リウマチの可能性もあります。もし、そのような症状が出ている場合は我慢していてもなかなか改善は難しいです。早めに内科で診察を受けましょう。

聴診器

リウマチの症状について知ろう

リウマチは女性に多くあらわれる症状です。多くの場合、起床してからだいたい30分くらいに症状が顕著に現れる傾向があります。逆に日中や夜には症状が和らぐ傾向があります。代表的な症例としては手のこわばりがあります。ドアノブを回す、家の鍵を開けるなどの簡単な動作でさえ不自由を感じる場合は要注意です。リウマチの可能性があります。

カウンセリング

病院での治療が大切

リウマチを放置しておいて病院に行かず完治させることは難しいです。寧ろ、悪化してしまう可能性があります。痛みを和らげるために自分で出来ることもありますが、リウマチを改善させるためだけではなく今の症状以上に悪化させないためにも、リウマチが初期段階のうちに病院に行って内科の専門医による適切な治療を受けることがとても大切です。

[PR]
下肢静脈瘤の治療を実施中
脚にできてしまったデコボコを改善しよう

リウマチ改善のために自分でできること

カウンセリング

痛む関節周辺を温める

もしリウマチの部位の腫れがひどくない場合は、痛む部位を温めると症状を和らげられます。関節の周りの筋肉がこわばってしまい、それによって血管の血の流れが悪くなってしまい痛みを生じることがあるのですが、こういう場合は、温めることにより、血流が改善され痛みを和らげることが出来ます。

痛む関節周辺を冷やす

リウマチによる痛みを感じる関節の部分が腫れ上がっていたり熱を持っていたりする場合は、その部位を冷やすことにより、痛みを和らげることが出来ます。これは専門の医療機関でも実際に行われるリウマチ改善の方法ですが、ご自分でも実施可能です。ただ冷やすだけではなく、温めるのと冷やすのを交互にやってみるのも血流の改善に効果が期待できます。

歯を磨いて綺麗な状態を保つ

意外に思われるかもしれませんが、歯を磨くことによりリウマチを改善させることが出来ます。歯周病菌もリウマチを引き起こす原因と言われており、抗CCP抗体が陽性であれば歯磨きをしっかり行い、歯周病菌を減らすことによって抗CCP抗体の増加を防ぎます。

喫煙はなるべくしない

現在の医療では、喫煙が関節リウマチの発症を誘発させる要因のひとつであることが判明しています。また、喫煙されている方は、喫煙されない方と比べてリウマチが完治しにくいという統計結果も出ています。とくにこの傾向は男性に顕著に見られます。喫煙は肺や心臓へのリスクもありますし、できれば禁煙することが望ましいです。

広告募集中