ロゴ
HOME>お役立ち情報>腎症は早めに気づいて治療することで合併症を防げる

腎症は早めに気づいて治療することで合併症を防げる

医師

腎症とは

腎臓は血液をろ過して、必要なものは体内に残し、不要なものは尿として体外に排泄する機能を担う臓器です。何らかの要因でこの腎臓の機能に支障をきたすのが腎症で、初期の段階ではこれといった症状が出ずに気づかないことも多いと言われています。主症状としては尿に血液やタンパクが出たり、むくみや倦怠感などだったり、悪化すると腎不全となって日常的に透析を受ける必要が出てくる軽視できない病です。腎症は糖尿病の合併症として発症する例も多いため、生活習慣の見直しも予防につながります。また、健康診断の尿検査の項目の尿蛋白や潜血の項目や血液検査のクレアチニンの数値は腎機能を推測できる項目であるため、正常であるかチェックするようにしましょう。

カウンセリング

腎症の予防方法

腎症は糖尿病の合併症として発症するケースも多く、悪化すれば人工透析が欠かせない事態にもなってしまいます。また、腎臓の中で血液のろ過に係わる糸球体に生じる糸球体腎症は、高タンパク尿が続く状態が長く続くことで慢性化し、同じように透析が必要になる場合もあります。このような事態を予防するために、まずは食事から改善していく事が大切です。たんぱく質や塩分を制限して、薄味の食事をしていくと、腎臓にかかる負担を減らしていく事が出来ます。肥満や喫煙、飲酒はリスクが高まりますし、糖尿病の発症にかかわる血圧のコントロールも予防につながります。また、むくみがある場合には医師に相談が必要ですが、基本的には冬場であってもこまめに適度な水分補給をすることも大切です。

広告募集中